健康な歯には福来たる?かかりつけ歯医者さんを探そう

>

痛い時代はもう終わり!最新治療法

削らなくても治せる?新しい虫歯の治し方

歯医者さんというキーワードを浮かべると、ドリルで歯を削る音やキーンという歯を削る音が心なしか聞こえてきませんか?
しかし、最近では削らない治療もあります。

その治療法の一つにMI治療があります。
MIとはミニマル・インタベーションの略で直訳すると最小限の干渉という意味です。

その治療法の大きなメリットとして、必要以上に歯を削らないことが挙げられます。
コンポジットレジンを詰めるやり方で、銀歯のように知らない間に口の中で溶けて腐食し、また新たに虫歯が出来てしまい歯の寿命を縮めてしまうのを防ぎます。
また、歯を削る範囲を少なくすることで歯に対するダメージを少なくすることが出来ます。

ただ、まだ時間や治療回数も多くなるといったことから、どこの歯科医でも取り入れている治療法ではないので、歯医者さんに直接問い合わせてみることをオススメします。

プラズマレーザー治療とは

歯の治療で麻酔をしたあと、うっかり自分の口の中を噛んでしまい、麻酔がきれたあとに痛い思いをした経験はありませんか?

麻酔注射のデメリットとして、術後に痛みが出たり、治療時間が長くなってしまったり、麻酔がきれないと食事ができないといったことが挙げられます。
なんだかちょっと不便ですよね。

しかし、最近ではレーザー治療を取り入れている歯科医もあります。
レーザー治療とは、麻酔もなく痛くないというのが大きな特徴です。
麻酔なしなんて無理無理!と思ってしまいますよね。
ですが、プラズマ光球体からの熱エネルギーにより、神経を一時的に軽く麻痺させるため麻酔と同じ働きをし痛みを感じず、虫歯や歯周病の治療が出来るのです。
痛くなくて治せるなんて、画期的ですよね。